12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

続く窓枠との格闘 

今回は前回分解され、そのまま放置されていた京福モハ1003の塗装にかかります。
004_convert_20150125093243.jpg
この車両も一畑デハ3と同じようにMr.ベースホワイト1000だけではラインカラーが消えてくれず、クリーム4号を塗り重ねて何とか元の塗装を隠ぺいできました。
こういった薄いボディー色に濃い色のラインが入っているようなカラーの隠ぺいは、ベースホワイト1000だけでは手に負えないことがあるようです。
001_convert_20150125093217.jpg
この車両のボディーはもともとクリーム色で、窓ガラスパーツにモールドされた窓枠もクリームです。
なので窓枠を塗り替えなくても、さほど違和感はないかとも思いましたが、クリーム4号よりはかなり淡いクリーム色で、明らかにクリーム4号とは違いますので、結局前回の銚子デハ801に引き続き、窓枠をクリーム4号に塗り替えることにしました。
京福モハ1003は、中電では最長の17メートル車であり、しかも2ドア車ですので、前回窓枠塗装を行った銚子デハ801よりも当然窓の数は多いです。
前回以上に疲れる作業になります。
003_convert_20150125093323.jpg
窓枠をマスキングしては塗装という工程を何度も繰り返し、ようやく窓枠との格闘を制しました。
005_convert_20150125093422.jpg
中乃郷カラー化したボディーに窓ガラスパーツをはめ込み、当社唯一の17メートル車の竣工です。
割れてしまった側面窓も、何事もなかったかのようにはめ込んでます。
004_convert_20150125093353.jpg
今回は、窓ガラスにはみ出した塗料は、溶剤を一切使わず、つまようじの先だけでこそぎ落としてます。
そのため前回施工した銚子デハ801よりは、窓枠周りがきれいに仕上がっていると思います。
006_convert_20150125093449.jpg
イメージ確認のため、郷州線の集落セクションに、でこぼこ3両編成を置いてみました。
17メートル級の元京福モハ1003+16メートル級の元越後モハ1401+12メートル級小型電車Aです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクと作者の創作意欲がアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム