03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

背景画の仕上げ 

今回で製作してきた背景画を仕上げたいと思います。
さらに色を塗り重ね、細かい部分の色調を調整していきます。
001_convert_20120526181001.jpg
そして背景画は上のような感じになりました。
なんとか少しでも絵に立体感を出してみたいと思い、ごちゃごちゃと塗り重ねてみましたが、いい加減絵を描く作業にも飽きてきましたので、この辺でとりあえず完成としてしまいます。
アクリル塗料とアクリル系のスプレー塗料だけを使ったアクリル画ならぬアクリル塗料画のできあがりです。

乾燥した塗料が収縮して背景画にそりが生じてますので、こたつの天板などを重石にしてそりを元に戻そうと試みましたが、完全にそりが元に戻る気配はないので、適当なところであきらめました。
ちなみにスプレー塗装した部分にはボードのそりはほとんど見られません。
003_convert_20120526181107.jpg
スイッチバック信号場セクションの後ろに背景画を立ててみるとこんな感じになります。
背景画の下の方に集落の絵を描いたのですが、集落の絵はセクションの影に隠れてしまいます。
008_convert_20120526181437.jpg
実は集落の絵はローカル駅セクションの写真撮影時の背景として描いた絵だったのでした。
001_convert_20120526181538.jpg
そして上の絵は機関区ジオラマ撮影用の背景として描いたものです。
こちらもレイアウトの後ろに背景画を置くと隠れてしまう部分におまけのように描いてます。
絵の中に見える建物は、かなりアバウトですが一応詰所のつもりです。
001_convert_20120526181245.jpg
信号場セクションの川につながるように川の絵も描いてます。
川の絵は水性ホビーカラーのホワイトグリーンとよもぎ色を塗り重ねました。
信号場セクションの川の端にはグロスカラーメディウムがこぼれ出ないように、堤防代わりに1ミリ厚スチレンボードを貼ってますが、こちらにも川の絵と同じ色を塗ってます。
007_convert_20120526181647.jpg
鉄橋の下から覗きこむと川の絵はほとんど見えませんが、ちらっと見えているぐらいの方がボロが出なくていいかと思います。
002_convert_20120526181730.jpg
背景画のクオリティーの低さは否めませんが、背景が部屋の壁だった時よりはいくらかリアリティーが増したのではないでしょうか。
ただしこの背景画スチレンボードだけを使って作ってますので、ちょっとぶつけたりするとすぐにへこんだり傷ついたりしてしまうという短所があります。
軽量で収納しやすいことを第一に考えて製作してますので、今回はこれでよしということにしますが、長く使用するならベニヤ板などで補強した方がいいかもしれません。

この背景画の完成をもって国鉄郷州線二期工事は終了とさせていただきます。
レイアウト製作記は次回よりカテゴリーを改めてお送りしたいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。
スポンサーサイト

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

背景画の色調を整えていく 

背景画着色作業が今回も続きます。
今回も車両やレイアウトがまったく出てきませんが、あくまでこのブログはNゲージレイアウトの製作記です。
002_convert_20120519092233.jpg
前回で山と林部分までを塗り終えましたが、今回は残りの細かいところを着色していきます。
想像してはいましたが、やはり背景画を自分で描くというのは大変な作業で、着色だけでもかなりの時間を要します。
なかなか埋まっていかないスチレンボードの白色部分にいら立ちを感じつつ、ひたすら苦行に耐え忍んでいるような感覚になってきます。
001_convert_20120519092324.jpg
そしてやっとの思いで全面の着色を完了させました。
しかしここまですべて単色で塗ってますので、このままではかなり単調な色合いです。
で、ここからはさらに色を塗り重ねて、色合いの調整を行っていきます。
001_convert_20120519092453.jpg
一番手前の山は水性ホビーカラーのデイトナグリーンで塗ったのですが、塗り終えてみるとどうにも明るすぎるので、水性ホビーカラーのグリーンを塗り重ねてみました。
アクリル塗料は乾燥した塗装面にさらに上塗りした場合でも、うすめ液を加えながら塗っていけば、色によってはもともと塗ってあった色とうまい具合に混ざり合ってくれるようです。
手前の山はちょうどグリーンとデイトナグリーンの中間色のような感じになりました。
002_convert_20120519095759.jpg
針葉樹林の方は試行錯誤しながらグリーン系の水性ホビーカラーをいろいろ塗り重ね、上のような感じにしてみました。
満足なできではありませんが、作者の技量ではこのあたりが限界かもしれません。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

背景画の着色 

背景画製作の続編です。
前回は空部分をスプレー塗装しましたが、他の部分はクレオスの水性ホビーカラーとタミヤカラーのアクリル塗料を使ってすべて筆塗りで着色していこうと思います。
001_convert_20120513095344.jpg
まずは針葉樹林の着色からです。
グリーン、ダークグリーン、濃緑色の三種類のグリーン系水性ホビーカラーで針葉樹に色を着けていきます。
水性ホビーカラーは水性ホビーカラーうすめ液を加えて希釈して使います。
001_convert_20120513095428.jpg
続いて山を塗っていきます。
山はデイトナグリーン、グリーン、ダークグリーン、ブルーグレーの四色の水性ホビーカラーを使いました。
一番手前に見える山をデイトナグリーンで塗り、それから順にグリーン、ダークグリーンと塗り進め、一番遠くに見える山にはブルーグレーを塗ってます。
002_convert_20120513095506.jpg
近くで見るとこんな感じです。
まだまだ修正の余地がありそうです。
さらに次回へと続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

背景画を描いてみる 

製作当初、レイアウトの背景画はすべてのレイアウトセクションが完成した後で考えようと思っておりました。
が、信号場セクションの写真を撮っていくうち背景が部屋の壁であることに徐々に違和感を覚えるようになってきましたので、このあたりでレイアウトの背景画を製作してみようと思います。
背景画は市販の風景画のポスターなどを利用するのが手っ取り早いでしょうが、いざ探してみると、なかなかイメージ通りの写真や絵がみつかりません。
そこで無謀な試みかとは思いましたが、自分でレイアウトのイメージに合った絵を描いてみることにしました。
001_convert_20120505133057.jpg
製作中の国鉄郷州線は分割収納式レイアウトですので、背景画も分割収納式のものを作ります。
背景画用に購入した1100ミリX800ミリの7ミリ厚スチレンボード二枚に背景を描いて、レイアウト組み立て時は上のような感じで後ろの壁に立てかけるという方式にします。
002_convert_20120505133139.jpg
さっそく鉛筆で下絵を描きます。
基本的には空と山と針葉樹林です。
004_convert_20120505133234.jpg
そしてまずは空部分を着色します。
空の着色にはクレオスのMr.カラースプレーを使いました。
スカイブルーをまるまる二本使って青空を描き、空の下の方はうす雲のイメージでライトブルーを吹いてます。
ライトブルーのカラースプレーはブルーを名乗っていながらどちらかというと淡いグレーなのですが、うす雲ですので、まあこんな感じでもいいかと思います。
005_convert_20120505133315.jpg
スプレーついでに信号場セクションの側面も塗りなおしてみます。
前回ウッドブラウンのMr.カラースプレーが空っぽになって、信号場セクションの側面塗装は仕上がりに不満を残したまま終了せざるをおえなかったのですが、実は今回スカイブルーとライトブルーのMr.カラースプレーといっしょにウッドブラウンのMr.カラースプレーも購入してきました。
しかし、何とか色合いを立てなおそうと頑張ってようやく上のような感じです。
やはり一旦筆塗りした部分に後からスプレーを吹き付けても、もともとのスプレー塗装面と同じような質感に持って行くのは難しいようです。
006_convert_20120505133350.jpg
そして信号場セクション側面は上のようになりました。
前回の仕上がりよりはいくらかましになったでしょうか。
001_convert_20120505134034.jpg
ローカル駅セクションと並べて簡易クロゼットの収納ケースに収納した様子です。
左側の収納ケースには製作途中のもう二つのセクションが収まっています。
というわけで、スイッチバック信号場セクションはこれにて竣工ということにさせていただきますが、背景画製作はまだまだ続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

スイッチバック信号場セクションの側面塗装 

製作を続けてきたスイッチバック信号場セクションも、竣工のときが近づいてきました。
今回はセクションの側面の塗装を行います。

信号場セクションの側面はベースボードと地面外枠のスチレンボード、地面下地のスチレンボードの三層から成ってます。
駅セクションは外枠がなく、ベースの上に直接地面下地のスチレンボードが載ってましたので、側面は下地のスチレンボードだけを塗装したのですが、信号場セクションは側面全体を塗装してみようと思います。
003_convert_20120428191328.jpg
塗装にはスプレー塗料を利用することにしました。
筆塗りよりもスプレー塗装の方がムラなく、かつきれいに着色できるのでは、と考えたためです。
上のように自宅のベランダに新聞紙を敷きつめ、セクションの地面部分をマスキングして、スプレー塗料を側面に均等に吹き付けていきます。
何度もスプレーを吹き重ね、結局側面全体の塗装でスプレー缶を一本使い切ってしまいましたが、いい感じの仕上がりになりました。
ちなみに使用したのはクレオスのMr.カラースプレーで色はウッドブラウンです。
003_convert_20120428191451.jpg
が、マスキングによって塗り残した部分をクレオスの同色の水性ホビーカラーで筆塗りすると、塗装面は上の写真のようになってしまいました。
せっかくスプレーでムラなく塗装できても、これではあまり意味がありません。
同メーカーの同色ならスプレー塗装と筆塗りを併用しても、さほど違和感はないのでは、と思っていたのですが、大きな間違いだったみたいです。
側面全体をスプレー塗装できるよう、もっとマスキングに気を使っておけばよかったのですが、適当な作業のツケがここに回ってきてしまいました。
スプレーで再塗装しようにも、もうスプレー缶を使い切ってしまってますので、どうにもなりません。
今回の反省点です。
002_convert_20120428191526.jpg
とは言え、側面を塗装すればやはりレイアウトが落ち着いて見える気がします。
側面塗装は面倒ですし、スチレンボードの地がむき出しのままでもけして汚くは見えませんので、当初は側面塗装の省略も考えていたのですが、仕上がりに若干難があるとはいうものの、とりあえずは塗装を行って正解だったみたいです。
001_convert_20120428191601.jpg
信号場セクションの側面塗装でレイアウトの側面塗装の効果を実感しましたので、ここでローカル駅セクションの側面塗装も行ってみます。
こちらは施工面積がさほど広くありませんので、水性ホビーカラーのウッドブラウンを筆塗りです。
ベースボードの木目の質感も悪くないと思い、今まで未塗装のままでしたが、やはり着色するとちょっとイメージが変わるようです。
メーカー名の入ったシールをはがした跡がちょっと気になっていたのですが、塗装によってそれも解消されました。
001_convert_20120428191651.jpg
ところで前回の記事中で駅セクションに配置した駅員は二体とも旗を持っていないと記しましたが、実は一体は旗を持っていたのでした。
作業も記事もいい加減で申し訳ありません。
お詫びして訂正いたします。
006_convert_20120428191825.jpg
ついでに白無地のままだった機関区ジオラマの地面下地も、水性ホビーカラーでウッドブラウンにしてみます。
こちらも今まで未塗装のままでも問題ないかと放置してあったのですが、製作から二年以上たってようやく着色に踏み切ることになりました。
地面下地のスチレンボードが着色されたかどうかなどは、間違い探しみたいなわずかな変化に過ぎませんが、作者当人としてはジオラマにインテリア感がプラスされた気がして、一人悦に入っております。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると作者の創作意欲が高まります。

カテゴリ: 郷州線二期工事

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム