07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

肉屋と魚屋完成 

さんけい「商店F」利用の肉屋と魚屋を仕上げる作業が続きます。
RIMG0970_convert_20170822084148.jpg
今回はLEDの取り付けからです。
漏光しないよう屋根や壁の接着面の隙間にアルミテープを貼り、屋根裏にチップLEDを取り付けます。
店舗玄関のドアガラスを透明プラ板に取り換え、店内が丸見えになりましたので、1階部分だけ肉屋と魚屋の間に仕切りを付けました。
RIMG0971_convert_20170822084215.jpg
続いてベースボードに自作ストラクチャーベースを貼り付けます。
自販機用の2個のLEDを開けた穴から通しています。
RIMG0972_convert_20170822084246.jpg
自販機2台にそれぞれLEDを仕込み、ストラクチャーベースに固定しました。
RIMG0973_convert_20170822084317.jpg
さらに前回製作したパーツ類やフィギュアをストラクチャーベースに取り付けていきます。
店内の雰囲気に合いそうなフィギュアを、ジオコレ ザ・人間「昭和の人々B」とカトー「商店街の人々」から選び出して配置しました。
「昭和の人々B」は前作「国鉄郷州線」でも使用していますが、このレイアウト用に再度購入しています。
魚屋のフィギュアの後ろにあるのは、商品の入った発泡スチロールのケースをイメージして置いてみたスチレンボード片です。
RIMG0975_convert_20170822084347.jpg
魚屋の方の店内什器は建物本体に貼り付けています。
発泡ケースが積み上げられている様子をイメージして、什器の向かい側の壁にもスチレンボード片をくっつけました。
RIMG0981_convert_20170822084453.jpg
ストラクチャーベースに建物本体を貼り付けて肉屋と魚屋が竣工です。
RIMG0980_convert_20170822084430.jpg
夜景は上のようになります。
RIMG0978_convert_20170822084408.jpg
アップで見ると、まだまだ作り込める余地がありそうですが、他にも手を入れなければならないストラクチャーがたくさん控えてますので、今回はここまでにしておきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

肉屋と魚屋の仕上げ 

カメラ屋の隣りには、さんけい「商店F」利用の肉屋と魚屋を配置します。
このストラクチャーは、同じ建物に2軒の商店が入った商店長屋スタイルになってます。
RIMG0965_convert_20170815084038.jpg
さんけいのストラクチャーは窓やドアのガラスが薄い透明プラ板で、点灯していない状態でも建物内が丸見えになりますので、中が見えなくなるよう窓ガラスを加工しています。
この「商店F」も1階正面のドア窓はくもりガラスにし、それ以外の窓はレースカーテン風に白く塗りました。
しかし、このストラクチャーには店内表現用としての什器パーツが付属しています。
その什器パーツを利用して店内を作ってみるのも一興では、と気が変わってきました。
RIMG0966_convert_20170815084118.jpg
というわけで、付属什器パーツを作ってみました。
RIMG0967_convert_20170815084147.jpg
1階正面の玄関ドアのガラスを未加工の透明プラ板に取り換え、店内に什器パーツを置いて雰囲気を見てみます。
やはり、中が見えないくもりガラスよりは、こちらの方がムードが盛り上がるようです。
ちなみにガラスケースのイメージで什器パーツに透明プラ板を貼っているのですが、玄関ドア越しではほとんど目立たず、効果がありませんでした。
RIMG0968_convert_20170815084214.jpg
什器パーツといっしょに付属していた、のぼりも作りました。
こちらを肉屋と魚屋の前に一本ずつ立てます。
RIMG0969_convert_20170815084237.jpg
さらに自動販売機もそれぞれの店舗の前に一台ずつ置いてみようと思います。
酒屋の前にさんけい「自動販売機C」の小タイプ自販機を一台設置しましたが、こちらにも「自動販売機C」の小タイプを一台ずつ配置します。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

カメラ屋完成 

トミックス「商店セット」利用のカメラ屋を仕上げる作業の続きです。
カメラ屋の前には街灯を設置します。
RIMG0956_convert_20170808083539.jpg
街灯の作り方はこれまでと同じで、LEDのリード線をエバーグリーンのハーフラウンドプラ棒2本で挟み込む方式です。
これで4本目となりますので、もう詳細は省略します。
RIMG0957_convert_20170808083606.jpg
街灯第4号が完成しました。
RIMG0962_convert_20170808083731.jpg
街灯ができあがったところで、その横にカメラ屋本体を設置し、カメラ屋竣工です。
喫茶店、たばこ屋は看板などとの兼ね合いで道路から一歩下がった位置に建っていますが、このカメラ屋も、テントで街灯の看板が隠れてしまわないように、たばこ屋と同じ位置まで下げています。
RIMG0959_convert_20170808083634.jpg
続いて夜景を撮影してみると・・・
2階からはいい感じに明かりが漏れていますが、1階の店舗部分がどういうわけか真っ暗です。
試験点灯を行ったときは、ここまで1階が暗くなかった気がしますが、実際にレイアウトに取り付けてみると、こんな感じになってしまいました。
HDRモードで撮影してますので、通常のモードよりもいくらか暗めに写るのかもしれませんが、それにしても営業している店舗には見えません。
さらには・・・街灯も画用紙を二重にして貼り合わせた部分が目立ってしまい、失敗しています。
RIMG0960_convert_20170808083659.jpg
トミックス「商店セット」は、1階正面の透明プラパーツが1階と2階の間の仕切りにもなっています。
なので天井にLEDを取り付けると、LEDは透明プラパーツ越しに1階の店舗部分を照らすことになるので、今一つ1階まで光が行き渡らないようです。
で、LEDを天井に付けるのはやめ、仕切りになっている透明プラパーツに取り付けて、直接店舗部分を照らせるようにしてみました。
RIMG0964_convert_20170808083819.jpg
これですと1階の店内もちゃんと明るく見えます。
内部表現パーツも確認できるようになりました。
街灯も作り直し、これでようやく完成・・・
と、よく見ると、今度はたばこ屋本体に明かりが灯っていません。
LEDのリード線を接続し忘れたようです。
RIMG0963_convert_20170808083754.jpg
同じトミックス「商店セット」利用の電器店も、LEDを3個使用しているものの直接1階部分を照らすLEDを付けておらず、店内の暗さが少し気になっていましたので、透明プラパーツの仕切りにもう一つLEDを追加してみました。
LED4個体制となり、これまで薄ぼんやりと見えていた店内の白物家電パーツが、アラがわかるくらいはっきり見えています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

カメラ屋の仕上げ 

今回はトミックス「商店セット」利用のカメラ屋を仕上げます。
RIMG0902_convert_20170801090533.jpg
このストラクチャーも遮光、点灯テストは済んでますので、後はLEDを取り付けるだけです。
RIMG0904_convert_20170801090612.jpg
屋根と1階正面のクリアーパーツを外し、さっそくLEDを取り付けます。
まずは袖看板にLEDを仕込み・・・
RIMG0905_convert_20170801090637.jpg
建物本体の天井にもLEDを貼り付けました。
RIMG0945_convert_20170801090718.jpg
点灯時に店内が丸見えになることの対策として、このストラクチャーにも内部表現を施しておこうと思います。
内部表現用パーツとして、1ミリ厚スチレンボードで店内の仕切りと受付カウンターを作ってみました。
右側にあるのは、同じ1ミリ厚ボードで作ったストラクチャーベースです。
RIMG0947_convert_20170801090741.jpg
内部表現用パーツを建物内にセットします。
カウンターの後ろに仕切り壁があり、その裏側に自宅兼用のラボやスタジオがあると想定しています。
RIMG0955_convert_20170801090809.jpg
そしてストラクチャーベースをレイアウトに貼り付け、後は建物を固定するだけ・・・
ですが、小穴からストラクチャー用ではないチップLEDが顔を出しています。
街灯用LEDです。
カメラ屋固定前に、ここにも街灯を設置します。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

たばこ屋完成 

喫茶店とスナックの隣りには、さんけいのたばこ屋を配置します。
RIMG0923_convert_20170725095003.jpg
このストラクチャーは、すべての窓がくもりガラス、もしくは着色化されてますので、内部表現は不要です。
LEDを取り付ければ完成となります。
付属の自動販売機も電飾対応になってますので、そちらにもLEDを仕込みます。
RIMG0924_convert_20170725095035.jpg
さっそくチップLEDの取り付けにかかります。
屋根の裏側に建物本体用のLEDを貼り、自動販売機設置場所にもう一つLEDを取り付けました。
RIMG0925_convert_20170725095057.jpg
試験点灯を行ってみます。
一見問題ないようですが、自販機の裏側からの光漏れがちょっと気になります。
付属の自販機は、建物本体に取り付ける前提で、背面のない張りぼてスタイルですので、隙間から光が漏れてしまうのです。
RIMG0926_convert_20170725095120.jpg
で、自販機に自作の背面を付けてみることにしました。
画用紙を黒く塗って、チップLEDを通し、それに自販機を貼り付けます。
RIMG0927_convert_20170725095148.jpg
これで自販機裏からの光漏れは解消です。
ちなみに2階の窓に明かりが灯っていませんが、これは窓の裏側に補強用のレーザーシートがあり、遮光されているためです。
レーザーシートに穴を開ければ導光できると思いますが、一部の部屋だけ消灯しているように見せかける演出もありかと思い、そのままにしています。
RIMG0936_convert_20170725095229.jpg
いつものように自作のストラクチャーベースをベースボードに接着し・・・
RIMG0942_convert_20170725095326.jpg
建物本体を取り付けて、たばこ屋が竣工しました。
たばこ屋もスナックと同じ位置まで道路から下げていますが、これはスナックの看板類がたばこ屋の影に隠れてしまわないようにするためです。
たばこ屋の窓口の下部が、壁がはがれて傷みかかっているように見えるのは、リアリティーアップではなく、製作時に誤って表面のプリントを剥がしてしまっただけです。
RIMG0937_convert_20170725095254.jpg
夜景はこんな感じになりますが・・・
RIMG0954_convert_20170725095404.jpg
使用中のコンデジ、リコーWG-30Wには撮影モードにHDR(ハイダイナミックレンジ)モードがあり、そちらで撮影すると上のようになります。
HDRモードにすると、全体的なシャープさが若干失われるようにも思えますが、自販機や看板の光がいくらか弱まって、実際に見えているのに近い感じで撮ることができますので、電飾小物を写し込む際は、こちらのモードの方が向いているようです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム