FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

駅構内の地面の仕上げ 

前回は車両の走行の不具合を解消させるのに伴い、ディテールアップパーツの付け替えなどといった車両関係の工作を行いましたが、今回は再びレイアウト製作に戻ります。
RIMG2279_convert_20190824095654.jpg
駅構内のレールのバラスト撒布が完了しましたので、今回は駅構内のレール部分以外の地面を製作します。
まずは地面下地むき出しだったところにリアルサンドとカントリーグラスを撒き、地面の基礎を作ります。
RIMG2281_convert_20190824095725.jpg
地面の基礎ができたら、今度はその上にコースターフとフォーリッジクラスターを貼り付けていきます。
この部分はレール際の草むらということにします。
RIMG2282_convert_20190824095754.jpg
ひたすら緑化作業を続け、レール際の草むらができあがりました。
RIMG2283_convert_20190824095817.jpg
レール脇にバラストを追加し、未舗装道路に砂利を撒いて駅構内の地面の完成です。
レールと草むらの間に架線柱を2本立てています。
RIMG2284_convert_20190824095841.jpg
別の角度から・・・
いずれは、今回設置した架線柱からホーム上の電柱へワイヤーを渡して架線を吊り下げるビームを作る予定です。

駅構内の地面の完成を記念(?)し、久々に動画を撮ってみました。
例によって拙い動画ですが、ご笑覧いただければ幸いです。

題して「中乃郷駅の昼と夜」です。
昼景は、朝のラッシュ専用の3連が中乃郷の戻ってきて入庫し、代わって日中用の単行が仕業に就く設定で、夜景は、中乃郷に到着した2連が小休止後、折り返して行く設定で撮っています。
スロー走行させるため、自動運転は行っていません。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

編成の向きを変える 

前回でバラストの撒布が完了しましたので、ここで車両の走行テストを行い、バラストが車両の走行状態に影響を及ぼしてないか確認することにしました。
すると、思わぬところでトラブル発生です。
信号機のベースと自動踏切Ⅱのセンサーのベースに植え付けたフォーリッジクラスターが車両の台車に干渉し、車両の走行がギクシャクしたり、緊急停止したりすることが判明しました。
RIMG2269_convert_20190816165028.jpg
で、上のようにレールに接する部分のフォーリッジクラスターを剥がして、背の低いコースターフやカントリーグラスに植え替えました。
これにより、すべての車両が問題なく走行可能・・・
になるはずでしたが・・・
RIMG2270_convert_20190816165049.jpg
上のモハ103(元鉄コレ第2弾流山電鉄モハ105)+クハ52(元鉄コレ第8弾越後交通クハ1451)の編成だけがコースターフに台車を取られて停止してしまいます。
モハ103単行では問題なく走行できるのですが、ライト点灯加工を施しているクハ52を牽引するのは結構な負荷がかかるようです。
ちなみに、少しでもモハ103の負担を少なくするため、クハが元々積んでいたウェイトは外しているのですが・・・

試しに編成の向きを逆にして走行させてみると・・・
RIMG2271_convert_20190816165108.jpg
スムーズに走行してくれました。
何度か走行テストを重ねましたが、やはり編成を逆にした方が走りがスムーズなようです。
実は、前々から薄々感じていたのですが、モハ103が積んでいる動力ユニットは牽引力より推進力の方が強力なのでした。
RIMG2272_(2)_convert_20190816165126.jpg
というわけで、編成の向きを変えてみることにします。
が、当「中乃郷電気鉄道」は編成の向きを変えるだけの作業でもなかなか手間がかかります。
ディテールアップパーツにより編成の向きが決まってましたので、編成の向きに関係のあるディテールアップパーツは一旦外して付け直す必要があります。
RIMG2273_convert_20190816165144.jpg
フロントはエアホースとジャンパ詮の位置を入れ替えました。
さらにサボも付け替えています。
RIMG2275_convert_20190816165200.jpg
編成の向きを逆にすると検査表記も見えなくなってしまうので、元々貼っていたものを剥がし、新たに貼り付けました。
こちらもレボリューションファクトリーの旧国用のものです。
RIMG2277_convert_20190816165217.jpg
これでこの編成も問題なく走行できるようになりました。
上は自動運転中の一枚ですが、自動運転も問題なしです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

バラスト撒布完了 

今回より駅構内の地面の仕上げにかかります。
RIMG2260_convert_20190810082912.jpg
まずはバラスト撒布作業からです。
駅構内のレールのみ、バラスト未撒布のまま残ってましたが・・・
RIMG2261_convert_20190810082936.jpg
こちらにもバラストを撒布・・・
これにて、このレイアウトのバラストの撒布は完了したことになります。
RIMG2264_convert_20190810082959.jpg
続いてフィーダーを草で隠します。
ホームの下からちらりと覗いている自動運転ユニットのセンサーのベースも隠したいところですが、ここに草を生やすのは違和感がありそうですので、こちらはこのままの状態にしておくことにしました。
RIMG2265_convert_20190810083026.jpg
レールとレールの間の地面は、リアルサンドとカントリーグラスで行う土の地面作りから・・・
RIMG2266_convert_20190810083045.jpg
その上に砂利を撒いて地面を仕上げます。
RIMG2267_convert_20190810083103.jpg
バラストの撒布により、駅構内のレールもそれらしいムードになってきました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

保線区詰所周辺の地面製作 

前回は保線区詰所に保線用トロッコを配置しましたが、今回も引き続き保線区詰所周りの地面製作を行っていきます。
RIMG2251_convert_20190803083240.jpg
上が保線区詰所周辺の現状です。
ストラクチャーは、右から電気区詰所、保線区詰所、保線倉庫の順に並んでいます。
前回は、保線区詰所脇の差し掛け屋根の下にトロッコを配置し、隣りの保線倉庫との間の地面を作りました。
RIMG2252_convert_20190803083309.jpg
今回は詰所群の周囲に土と雑草を撒く作業からです。
スチレンボードの地面下地の継ぎ目をコピー用紙で隠し、詰所と倉庫の周りにリアルサンドとカントリーグラスを固着させます。
RIMG2253_convert_20190803083326.jpg
自動踏切Ⅱのセンサーのベースと出発信号機のベースは草で隠しました。
草むらの中に架線柱を一本立てています。
RIMG2256_convert_20190803083350.jpg
さらに雑草を増量させます。
詰所の玄関の前は、未舗装ながら自動車も通行できる道路にしますので、道路らしく見えるよう草を撒いています。
RIMG2257_convert_20190803083411.jpg
砂利を撒き、道路を仕上げて保線区と電気区の詰所周囲の地面ができあがりました。
RIMG2258_convert_20190803083432.jpg
上は詰所前の未舗装路を走り抜けて行くトヨエース・・・のイメージで撮った一枚です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

保線用トロッコ配置 

今回は保線区詰所周辺の地面製作を行っていきます。
前回作った構内踏切を渡った側の地面です。
RIMG2226_convert_20190728075715.jpg
保線区詰所には、資材置き場にするつもりで大きめの差し掛け屋根を付けていましたが・・・
RIMG2231_convert_20190728075736.jpg
そこは保線用トロッコの車庫にしようと考えを変えました。
詰所群製作時に爆買い(?)したグリーンマックスの「木造詰所」に付属している保線用トロッコを一台ランナーから切り離し、レッドブラウンで塗ります。
RIMG2233_(2)_convert_20190728075756.jpg
ウォッシングしてトロッコを仕上げます。
トロッコを載せるレールはカトーのフレキシブルレールで、ニッパーでカットした後、こちらもレッドブラウンで塗っています。
RIMG2235_convert_20190728075815.jpg
レールは保線区詰所の横に、軌間9ミリにして貼り付けます。
差し掛け屋根は一旦外します。
RIMG2236_convert_20190728075833.jpg
レール周囲に土と雑草を撒き、トロッコをレールに載せました。
RIMG2238_convert_20190728075851.jpg
差し掛け屋根を元に戻して、トロッコの車庫完成です。
RIMG2244_convert_20190728075909.jpg
さらに隣りの保線倉庫との間の地面も作ってしまいます。
こちらにも土と雑草を撒きます。
RIMG2245_convert_20190728075930.jpg
雑草を増量して砂利を撒き、地面を仕上げます。
例によってフィーダーを草で隠しています。
RIMG2249_convert_20190728080003.jpg
別の角度から・・・
次回も保線区詰所とその周辺の地面製作が続きます。

箱根登山鉄道に最後まで残っていた吊りかけ車モハ103号とモハ107号が先日ついに引退の時を迎えました。
もう吊りかけ音を聞くことができなくなるのは残念ではありますが、むしろ令和のこの時代まで生き長らえてくれたことに感謝したいと思います。
レイアウト製作記事に特化した幣ブログですが、今回番外編として以前に撮影したモハ103号の前面展望映像をアップしてみました。
よろしければ在りし日のモハ103号の吊りかけ音をお楽しみください。

上大平台信号場から大平台駅へ向かって勾配を下って行くモハ103号からの車窓です。
ちょうど沿線の桜が見ごろを迎えていました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム