04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

靴屋完成 

磯料理「磯八」の隣りには建コレの靴屋を置きます。
最初の配置では、ベーカリーの隣りに靴屋があり、その隣りに「磯八」が建っていましたが、気が変わり、「磯八」と靴屋の位置を逆にしてみました。
で、今回は靴屋の方を仕上げます。
RIMG0822_convert_20170517090733.jpg
まずは、はがれかかっている付属の屋号看板シールを何とかしようと思います。
元から今一つ接着が甘かった気がしていたのですが、いよいよみすぼらしくなってきています。
RIMG0823_convert_20170517090759.jpg
一旦はがして、Gボンドクリアーで1ミリ厚スチレンボードに貼り付けてみました。
立体感を出して、リアリティーをアップさせる狙いです。
RIMG0824_convert_20170517090836.jpg
改装した屋号看板は、以前より少し高い位置に貼りました。
こちらの方が、見栄えがいいような気がします。
看板に付けたスチレンボードには、看板と同系色のフラットブラウンを塗っています。
これまで、取り付けようか迷っていた付属のハイヒールオブジェ(?)パーツも、思い切って使用することにしました。
RIMG0827_convert_20170517090924.jpg
建コレに関しては、点灯準備はまったく行われておらず、点灯テストもしておりません。
というわけで、とりあえずは遮光です。
裏側をアクリルのフラットブラックで塗りつぶし、接着面の隙間や、LEDを貼り付ける部分などにアルミテープを貼ります。
両隣りを建物で挟まれますので、側面と背面の遮光は適当に済ませています。
RIMG0826_convert_20170517090901.jpg
そして点灯テストを・・・
このストラクチャーは、テントが深くかぶっている上に店の玄関が奥まっていて、店内が見えにくいので、玄関の透明パーツの目隠し加工は行っておりません。
2階の正面側の窓も小さい上に桟が太く、中が見えにくいので、何もしなくても大丈夫そうに思えたのですが、点灯してみたところ、意外と中がよく見えるのが判明しましたので、こちらは後で裏からぺんてるホワイトを塗っておきました。
RIMG0828_convert_20170517091004.jpg
建物が仕上がったら、ベースボードにLEDのリード線を通す穴を開け、その上にスチレンボード製ストラクチャーベースを取り付けます。
RIMG0839_convert_20170517091112.jpg
そして、ストラクチャーベースに靴屋本体を接着し、靴屋竣工です。
店の前には付属の小物も取り付けました。
小物の一方は同梱の表具店用らしいのですが、ここで使ってしまいます。
RIMG0838_convert_20170517091046.jpg
夜景です。
この靴屋は、1階は玄関が奥まっており、2階は窓が小さく、また袖看板も光らないので、後方で光っている他の商店と比べて、非常に夜景の映えないストラクチャーではありますが、煌々と明るいストラクチャーがあれば薄明るいストラクチャーがあるというのもメリハリがあっていいのでは、と都合のいいように考えることにします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

磯料理「磯八」完成 

ストラクチャー固定作業が続きます。
RIMG0812_convert_20170511092440.jpg
今回は、酒屋と同じくグリーンマックスの「商店セット」から作った商店を取り付けます。
磯料理、和定食の店「磯八」です。
RIMG0813_convert_20170511092508.jpg
こちらも酒屋と同じように電飾対応袖看板を付けてます。
で、まずは、酒屋の袖看板と同じ方式で、袖看板の電飾作業を行います。
チップLEDを後ろの穴から差し込み、その穴をアルミテープでふさいで、跡が目立たなくなるよう塗料を塗りました。
が、このストラクチャーの壁色に使ったミディアムグレイが手元になく、代わりにダークシーグレイを使ってみたところ、そこだけおかしな色合いに・・・
RIMG0815_convert_20170511092533.jpg
ともあれ光漏れなく電飾できましたので、ちょっとした色の違いなど気にしないことにします。
実際のところ、レイアウトに固定してしまうと、看板の裏側は、通常の観賞方向からは見えません。
ちなみに、写真ではこんなですが、看板の文字は光っていてもちゃんと読み取れます。
RIMG0816_convert_20170511092556.jpg
さらに建物本体用のチップLEDをPPテープで貼り付け、電飾作業完了です。
袖看板のLEDのリード線も壁と壁の隙間から建物内に逃がしました。
遮光はストラクチャー製作時に済ませてあります。
RIMG0817_convert_20170511092619.jpg
続いて1ミリ厚スチレンボードで作ったストラクチャーベースを取り付け、LEDのリード線を逃がす穴を開けます。
ストラクチャーベースを接着してから電動ドリルを当てると、振動で接着がはがれてしまいますので、実際には、接着前にストラクチャーベースを手で押さえてベースボードごと貫き、その後に接着しています。
RIMG0820_convert_20170511092701.jpg
LEDのリード線を逃がした後、ストラクチャーベースに建物本体を接着して、磯料理「磯八」完成です。
RIMG0819_convert_20170511092641.jpg
夜景です。
1階正面の窓はくもりガラスにしてありますので、電飾時も中が見えてしまうことはありません。
正面側の2階に窓がないので、ストラクチャー本体の明かりが物足りないように感じますが、袖看板の明るさで、その分を補っているつもりです。
側面と背面には2階にも窓があるのですが、両脇をストラクチャーで挟まれてますので、こんな感じになってしまいます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

ベーカリー完成 

酒屋の隣りには、さんけいのペーパーストラクチャー「ベーカリー」を設置します。
RIMG0803_convert_20170503083058.jpg
ペーパー製のストラクチャーはウェザリングが難しいのが難点です。
そのため、さんけい製ストラクチャーは、どの建物も試行錯誤しながらウェザリングを行ってきました。
こちらはタミヤのウェザリングマスターをこすり付けてから、固着のため、つや消しクリアーを塗ったのですが、予期せぬ味わい深い(?)仕上がりになっています。
RIMG0804_convert_20170503083125.jpg
こちらを製作した当時は電飾のテストも行っていなかったので、まずはチップLEDを中に入れて電飾テストを行ってみます。
レーザーシートは光を通しませんので、遮光作業が不要なのはありがたいところです。
窓から中が覗けないようにする加工も施してますので、点灯した際、内部が丸見えになってしまうこともありません。
RIMG0808_convert_20170503083153.jpg
電飾化に際しての問題点は特になさそうですので、電飾作業にかかります。
光が漏れている接着面の隙間などをアルミテープでふさぎ、チップLEDをPPテープで留めれば電飾作業完了です。
RIMG0809_convert_20170503083221.jpg
酒屋と同じように、ベーカリーにも店の玄関と道路との高さを合わせるための1ミリ厚スチレンボードのストラクチャーベースを付けます。
空いている穴は、LEDのリード線を通すためのものです。
RIMG0811_convert_20170503083354.jpg
そしてボンドでベーカリー本体をストラクチャーベースに貼り付ければ設置完了です。
RIMG0810_convert_20170503083250.jpg
夜景は上のようになりました。
プラ製ストラクチャーとペーパー製ストラクチャーの並びでも、似たような汚れ具合であれば、特に違和感は感じられないかと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

街灯取り付け 

街灯製作の続きです。
RIMG0795_convert_20170427090948.jpg
街灯の支柱にはエバーグリーンの直径1ミリのハーフラウンドプラ棒を使います。
ハーフラウンド棒は断面が半円になっており、二本合わせると、直径1ミリのプラ丸棒になります。
このハーフラウンド棒二本でLEDのリード線をサンドし、直径1ミリの支柱にするというもくろみだったのですが・・・
RIMG0796_convert_20170427091014.jpg
実際にやってみると、上のような結果になりました。
リード線の太さは0.3~0.4ミリほどありそうですので、当然といえば当然です。
これでは支柱に隙間の空いた街灯になってしまいますが、これ以上支柱を太くすると、リアリティーが損なわれる気がしますので、支柱のサイズ優先ということで、このまま製作を続けていきます。
RIMG0799_convert_20170427091057.jpg
プラ棒とリード線はGボンドクリアーで接着しているのですが、折り曲げると接着がはがれてしまうので、何度もやり直しながら支柱に丸みを付け、ようやく上の状態まで持っていくことができました。
プラ棒はタミヤのフラットアルミで塗ってありますが、中のリード線にもフラットアルミを塗り込み、目立たないようにしています。
RIMG0798_convert_20170427091036.jpg
点灯させると、こんな感じになります。
街灯の笠には、チップLEDを通すため、2ミリの穴を開けているので、笠と支柱との隙間から光が漏れていたのですが、そこにもフラットアルミを塗り込み、光漏れを遮断しました。
ベースに開けた穴も2ミリですので、支柱の根元部分のリード線を1.5ミリのハーフラウンドプラ棒二本ではさみ、支柱が穴に落ちていかないためのストッパーにしています。
RIMG0802_convert_20170427091153.jpg
商店会の看板を取り付け、街灯完成です。
支柱根元のストッパー部分にボンドを付けて、街灯を固定しました。
当初はさんけい製「街灯A」の点灯化を行うはずだったのですが、結局「街灯A」の笠部分のみ利用した街灯になってます。
RIMG0801_convert_20170427091132.jpg
支柱に隙間ができて、うまくLEDのリード線を隠すことができませんでしたが、一応は元々思い描いていたイメージと同じような街灯に仕上がりましたので、これでよしとしておきます。
酒屋の前の自動販売機も点灯してますが、街灯の明かりで自販機の電飾がほとんど目立たなくなってしまったのは、ちょっと予想外でした。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

街灯を作る 

酒屋の隣には、さんけいのベーカリーを置く予定ですが、酒屋とベーカリーの間には街灯を設置したいと考えています。
当初は、街灯などのアクセサリー類はストラクチャーをすべて固定した後で取り付けようと思っていたのですが、ストラクチャーを先に固定してしまうと、街灯のLEDのリード線を通すためのボードへの穴開け作業が難しくなる箇所もありますので、ストラクチャーの固定と、街灯などLED利用のアクセサリーの取り付けは平行して行っていくことにします。
というわけで、今回は街灯の製作です。
RIMG0786_convert_20170419093850.jpg
使用するのは、さんけいのジオラマオプションキット「街灯A」です。
レトロな外観が郷愁を誘うペーパー製街灯です。
RIMG0787_convert_20170419093921.jpg
パーツを切り離し・・・
RIMG0788_convert_20170419093947.jpg
木工用ボンドで接着すれば、街灯本体部分は完成です。
しかし、LEDを通す穴を開けようと試みたところ・・・
RIMG0791_convert_20170419094110.jpg
パーツ同士がはがれて、ボロボロになってしまいました。
ボンドで接着した小さなペーパー製のパーツにピンバイスで穴を開けるというのは、無理があったようです。
RIMG0790_convert_20170419094047.jpg
仮にパーツ一つ一つに穴を開けてからパーツを接着し、うまくLEDを仕込めたとしても、レーザーシートは遮光性が高いので、街灯らしく光ってくれるかは疑問です。
そこで考えを変え、「街灯A」の笠部分だけを使用して、街灯本体部分は細く切った画用紙を丸めたものにしてみました。
RIMG0789_convert_20170419094013.jpg
マイクラフトのチップLEDを入れて光らせてみます。
まあまあいい感じです。
RIMG0794_convert_20170419094203.jpg
街灯設置場所にチップLEDが通るサイズの穴を開け、ボードの下からLEDを通し、街灯本体パーツをLEDにかぶせます。
RIMG0792_convert_20170419094133.jpg
街灯には商店街の組合名の入った看板を取り付けたいと思います。
コピー用紙に印刷したものをカットして、表裏が同じになるよう二枚を背中合わせに貼り、上のようなものを作ってみました。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム