03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

駅前タクシー営業所にタクシーを 

前回で駅前タクシー営業所ができあがりましたが、せっかく作ったタクシー営業所にタクシーが1台もいないのは、ちょっと寂しいです。
そこで、今回はタクシー営業所に配置するタクシーを作ってみたいと思います。
RIMG1424_convert_20180416145923.jpg
上は中古品取扱い店で見つけたカーコレ第10弾の日産セドリックです。
このセドリックは昭和44年から45年にかけて販売されていたモデルをプロトタイプとしているようで、昭和40年代後半の時代設定の当レイアウトにはちょうどよいと思い、ストックしておいたのですが、こちらを「中乃郷観光タクシー」仕様のタクシーに変えてみます。
RIMG1433_convert_20180416150016.jpg
まずは社名入りのラインを作ります。
路線バスに貼りつけたラインと同じ要領で、コピー用紙に印刷した社名にPPテープを貼った後、細長く切り出します。
一応「中乃郷観光タクシー」と印字してはいますが、カメラの眼でもほとんど読み取れず、今回も雰囲気だけの代物になってしまいました。
RIMG1436_convert_20180416150045.jpg
ラインはドアの溝に合うようにカットし、木工ボンドでボディーに貼っていきます。
フロントに向かってラインが細くなっていってるのは、ウィンカーのモールドをラインで隠してしまわないようにするための苦肉の策です。
RIMG1437_convert_20180416150107.jpg
続いて天井に載せる行灯を作ります。
行灯はスチレンボードをカットして作り、それにコピー用紙に印刷した社名を貼ります。
社名は略して「中観」にしました。
こちらは白地に黒文字ということもあって、カメラの眼でしっかり読み取れています。
RIMG1457_convert_20180416150143.jpg
行灯を屋根に接着・・・
ナンバープレートも緑ナンバーにしました。
ナンバーの印字は路線バスで失敗してますので、今回は初めから印字していません。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

タクシー営業所完成 

タクシー営業所脇の街灯が完成しましたので、今回はタクシー営業所を固定し、周囲の地面を仕上げます。
RIMG1439_convert_20180410091534.jpg
LEDのリード線を事務所部分に開けてある穴から逃がし、車庫のベースの上に車庫をかぶせて建物を接着します。
事務所横には付属パーツのガスボンベを取り付け、また、車庫内には同じ付属パーツのタクシー待ち用と思われるイスを取り付けています。
RIMG1441_convert_20180410091605.jpg
ところで、事務所の壁には大きな窓と小窓が並んでますが、小窓の方はトイレの窓のようにも見えます。
RIMG1438_convert_20180410091512.jpg
そこで事務所に臭突を付けてみることにしました。
1ミリ厚スチレンボードで臭突のベースを作り、それに画用紙をポンチで抜いて作ったマンホールを貼り付けます。
臭突本体は、直径1ミリプラ丸棒と直径1.2ミリプラ丸棒を組み合わせて作ります。
RIMG1442_convert_20180410091631.jpg
臭突の先端をスカイブルーで塗り、その他の部分はライトグレイで塗って、臭突ベースに開けておいた直径1ミリ穴に臭突本体を差し込み、臭突完成です。
RIMG1444_convert_20180410091652.jpg
窓側に臭突を付けると、隣りにストラクチャーが建った際に見えなくなってしまうので、臭突は事務所の裏手に取り付けます。
RIMG1445_convert_20180410091713.jpg
臭突が付いたら、今度はタクシー営業所周囲の地面作りです。
建物の周りにリアルサンド、カントリーグラス、コースターフを固着させます。
RIMG1446_convert_20180410091740.jpg
地面乾燥後、タクシー営業所の付属パーツのドラム缶、一斗缶、タイヤを地面に配置し・・・
RIMG1450_convert_20180410091806.jpg
駅前タクシー営業所竣工です。
RIMG1456_convert_20180410091831.jpg
夜景です。
郷愁を感じさせる建物に電球色の明かりがよく似合っていると思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

久々の街灯製作 

前回でタクシー営業所のLED取り付けが完了し、後は建物を固定するだけとなりました。
RIMG1423_convert_20180402154812.jpg
まずは自作ストラクチャーベースの接着です。
車庫部分だけに1ミリ厚スチレンボードのストラクチャーベースを取り付けます。
事務所が建つ場所には、LEDのリード線を逃がす穴を開けています。
RIMG1425_convert_20180402154838.jpg
と、小穴からチップLEDが・・・
建物固定前に、この場所に街灯を設置してみたいと思います。
今回は久々に商店会名看板の付いた街灯を作ってみます。
RIMG1426_convert_20180402154909.jpg
製作法は以前と同じで、街灯の笠はさんけいの「街灯A」のパーツの利用です。
街灯笠パーツの中央に開いている穴をLEDが通る大きさまで広げて、LEDを通し、笠とLEDを接着します。
LEDのリード線はフラットアルミで塗っておきます。
RIMG1430_convert_20180402154935.jpg
そして、あらかじめ先端に丸みを付け、フラットアルミで塗っておいたエバーグリーンの直径1ミリハーフラウンドプラ棒2本でLEDのリード線を挟み込み、街灯の支柱を作ります。
ベースには直径2ミリの穴を開けてあるので、支柱の下部は直径1.5ミリハーフラウンド棒でリード線を挟み、その部分をベースの穴に埋め込んで街灯を固定します。
街灯笠に取り付ける街灯本体部は画用紙を丸めて作っています。
RIMG1431_convert_20180402154957.jpg
コピー用紙2枚を貼り合わせて作った商店会名看板を取り付け、街灯完成です。
街灯笠と支柱の接着面の隙間は、光が漏れないようフラットアルミを塗りこんでふさいでいます。
RIMG1432_convert_20180402155017.jpg
点灯させてみます。
これで商店会名看板付き街灯は5本めとなりました。
ちなみに電器店の前の街灯は商店会名看板付き街灯の第2号です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

タクシー営業所点灯化完了 

建コレのタクシー営業所の仕上げの続きです。
今回は電飾作業です。
RIMG1416_convert_20180327085008.jpg
車庫の屋根と事務所の屋根の裏側に、それぞれチップLEDを取り付けます。
LEDは電球色のものを使用していますが、より電球色感を出すため、発光部をクリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜた色で塗りました。
この建物は遮光性が良いので、LEDが直接当たる部分だけアルミテープで遮光してあります。
RIMG1417_convert_20180327085055.jpg
車庫の屋根裏に付けたLEDのリード線を事務所内に逃がし、それから屋根と壁を接着・・・
接着面の隙間に光漏れ防止用のアルミテープを貼りました。
RIMG1418_convert_20180327085127.jpg
内側からのアルミテープ貼りで遮光できないところは、外側からもアルミテープを貼ります。
こういう簡素な造りの建物ですので、一見鉄板か何かで壁の隙間をふさいであるように見えて、さほど違和感を感じさせないのでは、と本人的には思っています。
RIMG1420_convert_20180327085223.jpg
屋号看板を取り付け、タクシー営業所完成です。
こちらの看板も駅舎の駅名標同様写真用紙製のため、経年劣化で文字が薄くなっていましたので、新しいものに取り換えました。
新しい看板はコピー用紙にPPテープを貼って作っていますが、コピー用紙1枚だけですと、元々の建コレオリジナル看板が透けて見えてしまいますので、コピー用紙を2枚重ねにしてあります。
RIMG1419_convert_20180327085157.jpg
LEDを点灯させると上のようになります。
建物の雰囲気に似合った色合いになったのでは、と思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

タクシー営業所の仕上げ 

しばらくの間、ストラクチャー仕上げ作業から離れていましたが、今回より再びストラクチャー仕上げ作業に戻ります。
RIMG1411_convert_20180319085204.jpg
今回は、建コレの「駅前タクシー営業所2」を仕上げます。
自作看板を取り付け、仮組みしてレイアウトに置いてある、というのが現状です。
RIMG1410_convert_20180319085138.jpg
まずは、内部にLEDを入れて点灯テストを行ってみます。
このストラクチャーは、屋根や壁から光が透けることはないようですので、遮光は、光が漏れている屋根や壁の接続箇所の隙間などをふさぐだけで良さそうです。
車庫内の事務所側の窓やドアはモールドだけで、抜けていませんので、モールド部分に穴を開けて、ちゃんと窓を作ってみようと思います。
RIMG1412_convert_20180319085235.jpg
ピンバイスでモールドに穴を開け、ヤスリで成形して、窓を作りました。
RIMG1413_convert_20180319085304.jpg
裏から透明プラ板の窓ガラスを貼って、窓を完成させます。
穴開けの際にプラの地色が出てしまった部分は、アクリルのダークグレイでタッチアップしてあります。
車庫の奥側の壁にも抜けていない窓がありましたので、そこにも穴を開け、窓を作りましたが、そちらの方は窓ガラスなしにしました。
RIMG1414_convert_20180319085330.jpg
屋根と壁にウォッシングで汚れを追加し、壁同士をGボンドクリアーで接着します。
RIMG1415_convert_20180319085352.jpg
ベースは、付属のものは使わず、例によってスチレンボードでの自作です。
このストラクチャーは、建物の土台部の表現がありますので、ベースを付けるのは庫内部分だけです。
車庫の奥にあったタイヤと一斗缶のモールドは、自作ベースに干渉するので削り取ってしまいました。
次回に続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
ブログ村人気ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックしていただけると、このブログのランクとレイアウト製作のモチベーションがアップします。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 中乃郷電気鉄道

テーマ: 鉄道模型 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

郷州線乗換口はこちらです

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

にほんブログ村

メールフォーム